​インテリジェント​ロジスティクス

​大規模なプロセス​の​整合性を確保

​ インテリジェント
​ ロジスティクス

​ 大規模なプロセスの​ 整合性を確保

​ インテリジェント
​ ロジスティクス

​ 大規模なプロセスの
​ 整合性を確保

​インテリジェントな自動化により
​記録的な速さで
​​デバイスに
​第二の人生を与えます。

私たちは物流業者が​
驚異的な規模とスピードで作業し、
​デバイスを迅速に
​低コストで処理する​
必要があることを
​理解しています。

私たちがよく目にするのは、
​手作業や不正チェックが​
邪魔になるということです。
​加えて、
​複雑なプロセスやトレーニングは、
​さらにスピードを低下させる​
可能性があります。

​当社のdDLMプラットフォームは​​
稼働中にエンジンを変更して​​
より高い時間あたりのユニット数、
より生産性の高いラインオペレーター、
​最適化された
デバイスマージンを​
実現するのに役立ちます。

​ インテリジェントな自動化により
​ 記録的な速さで​
デバイスに
​ 第二の人生を与えます。

​ 私たちは物流業者が​ 驚異的な規模と
スピードで​ 作業し、
デバイスを迅速に
低コストで処理する
必要があることを
理解しています。

​ 私たちがよく目にするのは、
​ 手作業や不正チェックが​
邪魔になるということです。
​ 加えて、​
複雑なプロセスやトレーニングは、
​ さらにスピードを低下させる​
可能性があります。

​ 当社のdDLMプラットフォームは​
稼働中にエンジンを変更して​
より高い時間あたりのユニット数、​
より生産性の高いラインオペレーター、​
最適化された​
デバイスマージンを​
実現するのに役立ちます。

​ インテリジェントな自動化により
​ ​ 記録的な速さでデバイスに
​ 第二の人生を与えます。

​ 私たちは物流業者が驚異的な規模と スピードで作業し、デバイスを迅速に​ 低コストで処理する必要があることを​ 理解しています。

私たちがよく目にするのは、
手作業や不正チェックが
邪魔になるということです。
加えて、
複雑なプロセスやトレーニングは、
さらにスピードを低下させる
可能性があります。

​ 当社のdDLMプラットフォームは
​ 稼働中にエンジンを変更して​ より高い時間あたりのユニット数、 より生産性の高いラインオペレーター、​ 最適化されたデバイスマージンを 実現するのに役立ちます。

​ ​ 作業における​​​​
インテリジェント​
・オートメーションで​​ ​​​
時間あたりの​ ​
処理デバイス数を​​
最大化します。

​​ ​ ​ 一部のソリューションは、​​
​​ラボ条件下でのみ実現できる
​​​ ​​​ 30 単位/時間 (UPH) 以上を​ ​​
約束します。

実際には15~​20 UPH にすぎないことが​
よくあります。

​​​​ MCEのソリューションと​ ​
実装の経験は​​
収集したデータの​ ​​
見通しに基づいた ​
自動化、​ ​
ガイド付きフロー、​​
高速追跡デバイスを通じて
​​UPHを最適化するのに役立ちます。

さらに上流のデータを
下流のプロセスに接続して
35~50UPHという
さらに高いレートを達成できます。

当社の高度なデバイス認識機能(ADR) を
使用するとデバイスが
すでに処理および認証されているかどうかを
判断できるため、
再グレーディング、再トリアージ、
再ワイプ、
不正行為またはロックステータスの
再チェックなどの
繰り返しの作業が
不要になりデバイスの高速レーン化が
可能になります。

さらに、当社のソリューションは
iOSアップデートの影響を受けず、
他のソリューションにありがちな運用停止
を回避します。

MCEの完全に自動化された
ソフトウェアフラッシュ(ROM)管理と
配布によりダウンタイムのない
継続的な運用が可能になります。

​ライン​オペレーターは
​あなたに感謝します。

UPHが上昇する一方で
優れたインテリジェンスと
​ 上流接続のおかげで​ ラインオペレーターはペースの変化に
簡単に対応できます。

生産性向上の推進力は、
オペレーターが
プレッシャーを減らしながら、​ ​ より速く作業できるようにする事で
いくつかの事がらが有ります。

包括的なトレーニングが 1つあります。
OEM やグレーディングの更新などの
一般的な再トレーニングのニーズは、​ バックグラウンドで完了し
オペレーターの
作業には影響しません。

ガイドフローを使用することで、客観性を強めて、
ミスや再作業を
避けることができます。

マニュアル作業は、
エンド・ツー・エンドの自動化処理で
置き換えられます、
例えば、デバイスの認識やロック検知、
グレーディングの決定、不正行為の検知などは
単純化してから
バックグラウンドで実行します。

​ ライン​ オペレーターは
​ あなたに​ 感謝します。

​ UPHが上昇する一方で​
優れたインテリジェンスと
​ 上流接続のおかげで​
ラインオペレーターはペー
スの変化に​
簡単に対応できます。

​ 生産性向上の推進力は、
​ オペレーターが
​ プレッシャーを減らしながら、
​ より速く作業できるようにする事で
​ いくつかの事がらが有ります。

​ 包括的なトレーニングが 1 つあります。​
OEM やグレーディングの更新などの
​ 一般的な再トレーニングのニーズは、​
バックグラウンドで完了し
​ オペレーターの​
作業には影響しません。

​ ガイドフローを使用することで、​ 客観性を強めて、
​ ミスや再作業を
​ 避けることができます。

​ マニュアル作業は、
​​ エンド・ツー・エンドの自動化処理で​ ​
置き換えられます、
例えば、デバイスの認識やロック検知、
グレーディングの決定、不正行為の検知などは​ 単純化してから​
バックグラウンドで実行します。

​ ライン
​ オペレーターは
​ あなたに
​ 感謝します。

​ UPHが上昇する一方で 優れたインテリジェンスと 上流接続のおかげで​ラインオペレーターはペースの変化に簡単に対応できます。

​ 生産性向上の推進力は、​ オペレーターがプレッシャーを減らしながら、​より速く作業できるようにする事で​いくつかの事がらが有ります。

​ 包括的なトレーニングが 1 つあります。

​​ OEMやグレーディングの更新などの​一般的な再トレーニングのニーズは、 ​ バックグラウンドで完了し
​ オペレーターの​ ​ 作業には影響しません。​ ​ガイドフローを使用することで、 客観性を強めて、 ミスや再作業を​ 避けることができます。

​ マニュアル作業は、
エンド・ツー・
エンドの自動化処理で​ 置き換えられます、例えば、 デバイスの認識やロック検知、​ グレーディングの決定、 不正行為の検知などは​ 単純化してから​ バックグラウンドで実行します。

​デバイスの利益率を​最適化する

​デバイスの利益率を​最適化するためには、​サイクルタイムの高速化、
​出荷前情報の提供、​
​動作不能なデバイスを販売可能なデバイスに変えるという
​3つの重要な手段があります。

  • ​サイクルタイムの最適化によりより高い平均販売価格 (ASP) を実現
  • ​出荷前情報を活用しコストを節約
  • ​動作しないデバイスを販売可能にし、
    追加の収益を得ることができます。

​MCE アップストリームを
​使用するオペレータにとってはさらなる利点があります。
​グレードを知ることで​ 中央集配所に到着する前に適切な目的地を
​決定するのに役立ちます。
​​すなわち、​再販に十分なデバイスのバフ研磨と​キッティングのやり直し、
​もしネット利益率が即時販売よりも高い場合の​通常の集配所処理などである。

​ デバイスの利益率を​最適化する

​ デバイスの利益率を​
最適化するためには、​
サイクルタイムの高速化、
​ 出荷前情報の提供、
​ 動作不能なデバイスを
販売可能なデバイスに変えるという
​ 3つの重要な手段があります。

  • ​ サイクルタイムの最適化によりより高い
    平均販​売価格 (ASP) を実現
  • ​ 出荷前情報を活用しコストを節約
  • ​ 動作しないデバイスを販売可能にし、追
    加の収​ 益を得ることができます。

​ MCE アップストリームを​
使用するオペレータにとっては
​ さらなる利点があります。
​ グレードを知ることで​
中央集配所に到着する前に
​ 適切な目的地を
決定するのに役立ちます。
すなわち、​
再販に十分なデバイスのバフ研磨と
​ キッティングのやり直し、​
もしネット利益率が即時販売よりも高い場合の
​ 通常の集配所処理などである。

​ デバイスの利益率を最適化する

​ デバイスの利益率を
最適化するためには、
​ サイクルタイムの高速化、
​ 出荷前情報の提供、動作不能なデバイスを
​ 販売可能なデバイスに変えるという
​ 3つの重要な手段があります。

  • ​ サイクルタイムの最適化によりより高い平均販​ 売価格 (ASP) を実現
  • ​ 出荷前情報を活用しコストを節約
  • ​ 動作しないデバイスを販売可能にし、
    ​ 追加の収益を得ることができます。

​ MCE アップストリームを​ 使用するオペレータにとっては
​ さらなる利点があります。
​ グレードを知ることで​ 中央集配所に到着する前に
​ 適切な目的地を
​ 決定するのに役立ちます。​ すなわち、
​ 再販に十分なデバイスのバフ研磨と
​ キッティングのやり直し、​もしネット利益率が即時販売よりも高い場合の通常の​ 集配所処理などである。

​MCEの
​ロジスティクス​プラットフォーム

​当社のロジスティックスソリューションは
​リバースと​
フォワードロジスティクス両方の
​物流分野に
​役立ちます。

​着荷
  • 入庫
  • ​デバイスをインベントリに記録
  • プログラムをデバイスにアップロード
  • ​ロックテスト、ワイプ、デバイスの保護
​グレーディングとトリアージ
  • 診断機能を使用して
    ハードウェアの問題を
    特定する
  • ​ハードウェアの機能ステータスに基づいて
    ​デバイスを
    グレード付けする
  • ​外観状態評価を実行
  • ​最新のオペレーティング
    ​システムソフトウェアへの
    ​フラッシュ
  • ​別のチャンネルにルーティング
​ロジスティックスに転送

​​流通経路に再投入するデバイスについては
デバイスのステージングを合理化し
​要件に応じて、​
デバイスプロファイル​
(アプリバンドル、設定、メディアを含む) を
​大規模にプリロードできるようにします。

/

​ MCEの
​ ​ロジスティクス​
プラットフォーム

​ 当社のロジスティックスソリューションは
​ リバースと​
フォワードロジスティクス両方の​
物流分野に​
役立ちます。

​ 着荷
  • ​ 入庫
  • ​ デバイスをインベントリに記録
  • ​ プログラムをデバイスにアップロード
  • ​ ロックテスト、ワイプ、デバイスの保護
​ グレーディングとトリアージ
  • ​ 診断機能を使用して
    ​ ハードウェアの問題を
    特​ 定する
  • ​ ハードウェアの機能ステータスに基づいて
    ​ デバイスを ​
    グレード付けする
  • ​ 最新のオペレーティング
    ​ システムソフトウェアへの
    ​ フラッシュ
  • ​ 外観状態評価を実行
  • ​ 別のチャンネルにルーティング
​ ロジスティックスに転送

​ 流通経路に再投入するデバイスについては​
デバイスのステージングを合理化し
​ 要件に応じて、​
デバイスプロファイル​
(アプリバンドル、設定、メディアを含む) を
​ 大規模にプリロードできるようにします。

/

​ MCEの
​ ロジスティクス
​ プラットフォーム

当社のロジスティックスソリューションは
リバースと
フォワードロジスティクス両方の
物流分野に役立ちます。

​ 着荷
  • ​ 入庫
  • ​ デバイスをインベントリに記録
  • ​ プログラム
    をデバイスにアップロード
  • ​ ロックテスト、ワイプ、
    デバイスの保護
​ グレーディングとトリアージ
  • ​ 診断機能を使用して
    ​ハードウェアの問題を​ 特定する
  • ​ ハードウェアの機能ステータスに基づいて
    ​ デバイスを​
    グレード付けする
  • ​ 最新のオペレーティング
    ​ システムソフトウェアへの
    ​ フラッシュ
  • ​ 外観状態評価を実行
  • ​ 別のチャンネルにルーティング
​ ロジスティックスに転送

​ 流通経路に再投入するデバイスについては​ デバイスのステージングを合理化し
​ 要件に応じて、​ デバイスプロファイル​ (アプリバンドル、設定、メディアを含む) を
​ 大規模にプリロードできるようにします。

/

US